読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上半期ジャニーズ事件簿

今年も半分が終わり、ふと思い出す。「あれ、そういえば今年の上半期のジャニーズ流行語まだ出てないな。」ということで本当に出てないのか調べてみた。

 

あった。ただ、今回は不作の時期だったのだろうか、それほど話題になっていない。「じゃあ自分の中で起きたジャニーズ事件を記録としてまとめておこう」と思い立ったのはいいのだが…20個もあったのだ。ということでここからはお時間のある方だけ、これを読むことに時間を費やしてやってもいいよという心優しい方だけご覧いただければ嬉しいです。あくまで個人的事件簿なので時期の前後や適当な内容はあしからず。

 

①マッチコン事件

今年のカウントダウンコンサート内の約半分の時間がマッチさんによるマッチさんのメドレーだった事件。マッチさん自身も歌いながら少し困っていた様子が見受けられたため、犯人は依然として不明である。テレビ放映がされなかったため、「カウントダウンを見ないと年を越せない」といったファンが続出していたのだが、東京ドームに出向いたファンたちも年を越したのか13月に迷い込んだのか未だに謎のままである。また、マッチさんと言えば、今年の「近藤真彦35周年ツアー2015」にTravis Japan[トラジャ]を同行させると事前に発表したことも話題なった。7月19日からツアー開始。

 

②ピンクとグレー映画化

NEWS加藤シゲアキの処女小説ピンクとグレーがHey!Say!JUMPの中島裕翔主演で映画化されることが発表された。監督が行定勲さんということでも話題に。公開は来年1月予定。余談だが、10年前だったら私は確実にこのキャストを推していた。

 

③DASH15度目の田植え

昨年、TOKIOオリジナルの米「新男米」がめでたく一等米になり14年越しの悲願が達成された。明雄さんの「まだまだ」という言葉を大切に、今年もまだまだ上を目指し、さらなる新男米の追求していく予定。本年度も山口達也城島茂ならびに村の仲間たちで田植えが行われた。山口さんは行きたいコンサートがあったものの「田植えも時期がずらせない」と福島に出向いた。なお、DASHの田植えは今年で15年目であり、これは2000年生まれのマリウス葉と同い年といえる。

 

24時間テレビ、初の2代パーソナリティ

2015年の24時間テレビのパーソナリティがV6とHey!Say!JUMPに決定。また同番組のドラマには山田涼介・井ノ原快彦の他にNEWSの増田貴久が出演。大多数のジャニオタによるレコーダーの容量が急務となった。また、岡田による「知念君はまだ首が座っていない」「伊野尾くんはおねむ男子」などの発言が既に話題になっている。なお、両グループによる食事会が開催された模様であり、恥ずかしがり屋の森田さんが一体どのようにはしゃいだのかに注目が集まっている。

 

⑤派閥問題に進展か

例年開催されている日テレ特番「THE MUSIC DAY」にタッキ―&翼とKinki Kidsが出演。収録ではなくジャニーズメドレーにも参加し、会場を大いににぎわせた。年始のコンサートで光一さんは「どっち(の派閥)に付く?」「中居くんと全グループ集めてなにかやりたいという話をした」などと言及していたため、この出演により派閥問題になにか進展があるのか今後注目が集まる。なお、行方不明となっていたファンの多くはこの番組のジャニーズメドレーにより無事年を越し、2015年に戻ってきた模様。

 

⑥トニセン、Sexy Zoneの格差に言及

V6のトニセンによるラジオ「Next Generation」で、坂本がSexy Zoneの活動が最近3人だということに触れた。続いて井ノ原も「3人のイメージ無い!5人でいいのにね」と言及。中居さん以外がグループ内格差について触れることはあまり見受けられないため、事務所の先輩がこの問題について触れたラジオは一部で話題になった。5人での活動を望んでいるセクゾファンにとって、発言力のある先輩の言葉が、今後救いの光となるかもしれない。

 

⑦上田、北極圏へ行く

TBSの番組100時間サバイバルという番組にKAT-TUN上田竜也が出演。極限状態に果敢にチャレンジしたものの、ドクターストップがかかり無念のリタイアとなった。ジャニーズ内でもトップクラスの強さを持つ上田のリタイアに視聴者は驚いたものの、その挑戦を称える声が大きく見受けられた。その一方で、前回出演していたV6三宅健の凄さも話題に。砂漠の真中で「アイス食べたいよー」「ドリンクバー行きたい」「コカコーラのCMきたら1番おいしそうに飲める」など過酷な状況に似つかわしくない発言に、三宅健の恐ろしさを改めて知ることになった。

 

⑧ひらぱー謎のカウントダウン

枚方市にある「ひらかたパーク(園長:岡田准一)のウェブサイトに謎のカウントダウンが出現、一部のV6ファンをにぎわせた。園長の岡田には来園者100万人達成というクビがかかったノルマが課せられており、無事100万人動員したらして欲しいことを来園者に記入してもらうコーナーがあった。そのコーナー内で「100万人達成したらイノッチを副園長にして欲しい」「V6のコンサートをひらパーで開催」という書き込みがあったため、副園長就任イベントやゲリラライブではないかと注目が集まった。しかし、実際のカウントダウンで発表されたのは「進撃の巨人」とのコラボイベント「リアル脱出ゲーム」であった。

 

⑨「本当は恋しているくせに 本当は愛しているくせに」

TBS金曜夜10時のドラマ「アルジャーノンに花束を」で山下智久演じる咲人が発言したセリフ。リメイクドラマのプレッシャーがあったものの、見事はねのけ山下さんの儚さや美しさが話題となった。監修が野島伸司であったこともあり、人類のキセキと呼ばれる山下智久の耽美さが十分に表現されたセリフであることがうかがえる。

 

⑩中丸、うちわの向きを逆にする挑戦

例年、うちわに変化がないことで話題となっていた中丸雄一。faithではなくKeep the faceを体現している男である。今年のうちわはなんと向きを逆にするという大胆アレンジを試みた。向きが逆ということ以外表情に変化がないものの、本人はコンサート内でこのアレンジを発表。なお、本人出演の「シューイチ」でも中丸うちわデザインが変わらない問題として取り上げられた。

 

関ジャニ∞・キスマイ 北海道に来ない問題

関ジャニ∞が普段遠くてお客さんが来ることが難しい地方のアリーナを巡るリサイタルを行うと発表。ところがその開催地に北海道が入っていないことが明らかに。北海道は毎年札幌で開催されるため外されたと考えられるが、根室から札幌までは高速を使っても7時間半かかり、通常は飛行機を使用し札幌へ向かうレベルで遠いため、道民から悲観の声が溢れた。(ちなみにトニセンは過去に帯広市での開催あり)

同様にキスマイも3大ドームツアーを発表。昨年同様札幌は入っておらず、名古屋も無くなった。ただ、「夏のドームツアー」と発表されているため、冬季にまたツアーが開催される可能性も否めない。

 

⑫NEWSテレ東の重役を接待生放送

テレ東音楽祭内のNEWSのパフォーマンス時に、重役のおじさまの膝の上に乗ったり、抱きついたりする接待が生放送された。NEWSは新曲チュムチュムも話題を呼んでおり、中でも加藤シゲアキの美少女っぷりが好評である。また、現在小山と加藤の出演番組が日テレとTBSで相次いで放送されており、取り合い合戦が見てとれる。今後接待されたテレ東の重役のおじさまたちが、どう動きだすのかも含めて今後の動向に注目が集まる。

 

⑬橋本良亮 激やせ事件

A.B.C-Zの橋本良亮が1か月で12キロ減量するという激ヤセ事件が発生。頬のふくらみがかわいいと感じていたファンからは悲しみの声が寄せられる一方で、男前に磨きがかかり、かっこいいとの声も挙げられた。また、この事件は橋本のジャニーズWeb内での発言も話題に。「事務所の人に何か言われた」「事務所外で何かを言われた」「仕事が来たのでは」と様々な憶測が広がっているが真相は明らかになっていない。詳しいことはわからないけど応援してるよ、息抜きしながら頑張れ、はっしー!!

 

⑭なで肩対決に終止符

フジテレビのバラエティ「VS嵐」にジャニーズWESTがゲストで出演し、櫻井と濱田によるジャニーズなで肩対決に終止符が打たれた。結果は濱田の勝利、見事下剋上を果たした。我こそは!というなで肩ジャニーズの今後の登場に期待したい。

 

⑮手越、ダメ。ゼッタイ

フジテレビのバラエティ「アウトデラックス」に塚田僚一が出演。数々の問題発言が話題になった。ジャニーズ王子様ランキング(塚田調べ)を発表した際に、マツコデラックスが「手越はいれないんだ?」という発言に「手越は入れないです!」と発言。その際のテロップ「手越、ダメ。ゼッタイ。」が話題になった。その後、塚田の人の良さとアウトっぷりが同番組で話題になり、見事レギュラーに。

 

⑯岡田、エベレストへ

映画「神々の山嶺」の撮影のため、V6岡田准一がエベレストでの撮影に敢行。同時期に地震による雪崩がニュースとなったが、無事帰還。一方で同時期にシンガポールでアスパラを購入する長野博の目撃情報が挙げられV6の活動のふり幅が話題になった。

 

⑰キスマイ銀テープ事件

TBS「音楽の日」でのKis-My-Ft2のパフォーマンス時に飛ばした銀テープの量が多すぎてカメラに銀テが引っかかるというちょっとした事件が発生。しばらく銀テープ越しのパフォーマンスが放送された。その後、別のカメラに切り替わったものの、銀テープの量に驚くメンバーの表情が映し出されることに。

 

KAT-TUN初期メンバーに五関晃一

NEWSのコンサートMC内の小山の発言により、KAT-TUNの初期メンバーに五関サマがいたことが発覚。赤西小山五関がジャニーさんに呼ばれた話が明らかに。その後、小山は「YouはKAT-TUNじゃないわ」と言われた話は有名だが、五関サマがKAT-TUNだった場合、グループ名はどうなっていたのかという話に。シゲアキを始めファンの中でも「カグン」「カトゥング」など憶測が飛び交ったが真相は闇の中。

 

⑲全国的に梅雨入りしましたー!!

TBSの音楽の日の「CDTV」でA.B.C-Zのパフォーマンスが話題に。歌の終盤で信じられない量の水をかぶりながら踊り、イヤモニが使えなくなった。視聴者へと流れる歌と本人たちの歌のタイミングがズレていたものの、本人たちのガッツさや、後ろでイヤモニもせずダンスを合わせるSnowManのパフォーマンス力の高さも評価された。しかし、最後にすべてを持って行ったのは塚田の一言。「全国的に梅雨入りしましたー!!!!」

 

⑳V6 20周年ライブツアー

数か月も前からライブツアーを発表していたものの、その後ベストアルバムの発売も発表。18000円のアルバムには合宿が収録されており、かねてからジャニーズの中でも群を抜いておもしろいとされるV6のバラエティ力の高い特典DVDだけに、購入を迷う声が相次いだ。今考えれば、たくさんお金を貯めておいてねというV6の優しい心だったのだろう。また、ツアーの当落開始がVS嵐にV6がゲスト出演する日であり、ファンたちは対応に見舞われた。

 

 

 

…長い。多すぎる。いろいろあったじゃん上半期!これ事件じゃないだろという突っ込みは許してください。まだまだあるけどもう書けない!私的な上半期事件簿は、「ジャニオタが桃太郎を読んでみた」を読んでくださった方がありがたいことにツイッタ―で広めてくださり、1日でドーム公演が埋まりそうなくらいの閲覧数に達したことである。

 

mmtjr.hatenablog.com

 

そして周りに周り、実の妹にこのブログがバレてしまったのが1番の驚きだった。爆笑してたからまぁいっか。最近ちょっとサボってましたがこんな感じでたまに更新しますので、気が向いた方読んでやってください。誤字脱字ありましたらすみません。