読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

図書館戦争に物申す!~続編やってくださってありがとうございました~

タイトル通り。続編やってくれてありがとうございます!!私がハマりにハマりまくっている図書館戦争について、この個人的なすごい熱量をどこかにぶつけずにはいられなかったのでここに書くことにしました。なのでいつもの考察等ではありません!お前何様だよと突っ込みたくなるくらい完全に自己満足なので、暇だから見てやってもいいかなという方だけどうぞ!ここちげーよ!!と言う点ありましたら、にわかファンの端くれの戯言だと思って聞き流して下さい…。興奮のあまり、ですます口調とーである口調ごっちゃになっているかと思われます。申し訳ない。

そして公開中の映画本編のネタバレをなるべく避けますが、原作等々ネタバレの可能性があるので、まだ映画見ていない方レッツブラウザバック!!!是非とも映画見に行ってください!!売り上げに貢献してください!!!(何様)

 

 

まず先日TBSで放送された『映画図書館戦争

まだ映画を見ていない方にテレビで視聴してもらって、翌日のドラマと映画第二弾に繋げるだなんて素晴らしい企画!!!!ありがとうございました!!!!

と思っていたんですけど!!!!!!!!!

 

怒涛のカット祭り!!!いや、編成上しょうがないのかもしれませんが!!!!一視聴者の無責任な発言をさせていただくなら全編ノーカットでやって欲しかった。というのも

①映画の細かい設定と全体像が把握しづらい

②きゅんきゅんシーンカット!

が大変残念だったのである。無念。

 

①については、なぜ戦うのかという大雑把な設定は把握できたものの、『なぜ図書館敷地内でしか武器を使えないのに野外訓練してるの?』『稲嶺館長何者?』『刑事さんはなんでいきなり出てきた?』とディテールが回収できていないのである。上記のような疑問を持たれた方、「なんだよ、設定粗いなー」と思わないでください!ノーカットの映画ではきちんと回収されており、もっと重厚な内容になっています。ぜひ、レンタルなり購入なりで見てください!

 

②については、主に2つ!

1.小牧さん(田中圭)が郁(榮倉奈々)に頭ポンポンするシーン

2.堂上(岡田准一)が大勢の敵に囲まれた瞬間、ボロボロで体がまともに動かないのに瞬間的に郁をかばって盾になり後ろに匿ったシーン

f:id:mmtjr:20151015033345j:plain 

もうこれについてはなんでカットした!!!としか感情が沸きません。どうか!見てない方どうか!!レンタルもしくは購入で見てさいまし!!!!

 

 

次に翌日放送された『Book of memories』

小牧さん…小牧さん…嗚呼小牧さん…

というか改めてこの小牧という役に田中圭をキャスティングしたセンスに花束贈呈!個人的には漫画の小牧も好きですが、実写化の田中圭が堂上の相方としてドンピシャだったなと。毬江ちゃんのキャスティングは正直意外だったのですが、土屋太鳳ちゃんがほっぺに指当てて『にーっ』とするシーン。やられた…。あのピュアさはどっから出てくるんだ…。カルピスあげたくなるようなピュアさ。ずっきゅーんときた視聴者一体何万人いたのかわからんぞ…。そりゃあ田中圭もメロメロになるのしょうがないぜ…。

もう内容的に何も申し上げることはないんですが、原作や漫画を見ていて、ちょっとここ実写化映像で見てみたかったかも というシーンを何個か。

 

・ 小牧さんが良化隊に連れ去られる時に楯突いた郁に後から堂上が声をかけるシーン

『お前まで連れ去られてたまるか』は入れて欲しかったああああー!!!

 

・郁が柴崎と半休(サボり)使って毬江ちゃんを迎えに行き、サボったことがバレて怒られるシーン

堂上「貴様、枕から頭が上がらないほどのー…(以下略)」

郁ちゃんの破天荒っぷりと堂上教官からそのワード出るんだ?!(笑)というコメディっぷりに思わず笑えたシーンでした。岡田教官で見たかった…

 

・郁ちゃんがパニックになった瞬間に堂上教官頭ポン→郁落ち着く。

その夜、ビール持って郁が堂上にお礼をしに行く→堂上なんのお礼かわからない

→やだなーこれですよ!といって自分の頭に堂上の手を取って置く→堂上ビール吹く

 

見たかったー…照れてる堂上教官見たかった…ただそれだけです。気になる方このシーンのおすすめは漫画です。買うかレンタルへGO!あと、ドラマで小牧が元彼女にフラれた際に渡された時限爆弾というのが『あと3年もすれば毬江がどんどん綺麗になって妹には見えなくなる』というものだったんですが、ここもっとわかりやすく時限爆弾回収してほしかったなーなんてちょっと思ったり。

 

 

 

映画図書館戦争 THE LAST MISSION

音を聞くためだけにも映画館に行く価値があるんじゃないかと思うほど迫力ある映画でした。 アクションもスケールアップ。もうだめだ。文章力ないので思ったこと箇条書き。

 

・アクションのスケールアップ

人間ってこんな動きできるんだ…と根本的なところに感動してしまった。岡田さん演じる堂上教官の連続高速パンチはもう漫画やゲームの世界でしか見たことのないものだったので、「これを実写化というのか!!!」と圧巻されてしまった…。郁にもアクションシーンが多々あり、見ごたえ抜群。榮倉さんお疲れ様です!

 

・小牧さんの『やるぅ~』

事前番組で福士蒼汰さんが個人的に好きなシーンとして、この小牧さんの『やるぅ』を挙げていたのですが、わかる!!!!!わかるよ福士君!!!!私は福士君と同じ人間だってことくらいしか共通点ありませんが、この小牧さんのシーンが好きという価値観は一緒でした!!バンザイ!!!

ちなみに私は田中圭さん演じる小牧の 「りょーかいっ」がひっじょおおに好きだ!小栗旬演じる花沢類の「まーきのっ」くらい好きである(知らんがな)。

 

松坂桃李さんの悪役

原作よりちょっと悪役強いのは次回に繋げるためだと勝手に信じている。松坂さんが悪役っぷりを発揮すればするほど美しく重厚感ある映画になってきて素晴らしかった…。松坂桃李さん演じる慧にもしっかりとした信念があることも伝わってきましたし、途中車に乗っている松坂さんのシーンはゾクっと来た。福士さんと兄弟役というのも最初不思議だったけれど、実際見てみると顔なのか雰囲気なのかとにかく『兄弟としてよく似ている』。キャスティングセンス抜群だなと思います。

 

・茨城の本屋

ストーリー上、原作とは違う本屋に逃げ込むことになるんですが、それが恐らくあの本屋!!!郁と堂上が出会った本屋ですよね監督⁈これは素晴らしい改編だなと感動してしまった。作品への愛が溢れていて最高でした。

 

・堂上の表情

これ言うと変態みたいに聞こえるかもしれないが、気絶寸前・瀕死の堂上教官の顔が素晴らしかった。色気に溢れていて血出てるのにカッコ良くて勇ましい…いつぞやの東京タワーを彷彿とさせるくらいのビジュアルだったのでぜひ大スクリーンでより多くの人に見ていただきたい。是非。是非!!!!

 

ここからはちょっとこれ見たかったシリーズ

・郁の査問

原作では査問にかけられるようなことをするはずないと堂上教官が上司にブチ切れるんですが、映画だとむしろ逆だったのでちょっと残念だったなーと。ここは是非、あいつはそんなことするはずない!とキレて頂きたかった…。

 

カミツレアロマ

貰うの断るな!!!!デレが少ないです!堂上教官!!!せめて照れた素振りして断って!!!!!ちなみに漫画では肩寄せ合いながら寝ちゃってタスクフォースのメンバーに写真撮られまくるんですが、そこがなくて残念。

 

・正装で来て欲しかった

いや、ストーリー上無理か。だったらせめてベンチに座らせて頭ポンポンするシーン欲しかったー!!!!颯爽と現れてスマートに2万円置いて行って欲しかったー。その後の現金を送り返されるシーン要らないとしても、あそこは堂上のスマートさを出すために現金置いていって欲しかったー!!!

 

・郁が王子様ではない堂上篤と向き合う

映画の内容になるべく触れないように話すって難しいな…。原作にあった小牧さんに郁が相談に乗ってもらうシーンというか、郁が自分の気持ちに真っ正面から向き合うシーン見たかったなと…。一作目の映画終盤で、王子様の前に堂上教官を目指すと郁が宣言しますが、その続きとして堂上が王子様と知った郁がそこにどう向き合うかは欲しかったな。王子様=堂上と知るきっかけはなんであれ、その心の葛藤が見たかった…。

 

 

 

要するにデレが少ない!!!!!

岡田さんや監督本人が仰っているように原作やアニメや漫画に比べて、映画の堂上教官が1番奥手というかデレない。ガンガンいかない。普通映画って原作より派手にラブコメ脚色しちゃうことのほうが多いから、珍しいなと思いました。また、さっきから頭ポンポンがない!とあちこちで騒いでいますが、映画でわざと頭ポンポンのシーンが少ないのは、それだけそのシーンに重要性を持たせようとしているかという現れなのかなとも思いました。デレ=頭ポンポンの比率だとすると、デレの少ない映画では妥当な割合なのかと…でも個人的にはもうちょっとデレが見たいです堂上教官ー!!!

 

ともあれ、この図書館戦争という作品愛に溢れているスタッフの皆さんが好きです。映画では最初から稲嶺館長が亡くなったことになっています。これは原作者の有川さんが『稲嶺さんは児玉清さんしか考えられない』と仰っていたけれど、亡くなってしまったため、仁科司令という役を作ったというお話を聞いて感激しました。また、キャスティングも堂上と笠原はファン投票1位の岡田さんと榮倉さんを。『柴崎は栗山千明さんをイメージした』という原作者有川さんの言葉通りに。大ブレイクの前から福士さんをキャスティングするセンス。原作でも漫画でもアニメでもそれぞれイメージが少しずつ異なっていて、ファンにとって幅広いイメージを持たれている小牧役を田中圭さんにしたこと。数えればキリが無いほどの作品愛に溢れているなと感じました。

 

何が言いたいかと言うと!!!!

続編やって下さい!!!!!

続編やって下さい!!!!!

大事なことなので2回言いました。

 

毱江ちゃん痴漢騒ぎ(人殺しそうな勢いの小牧や囮に使われる郁+悔しそうな堂上)、コインランドリー、カミツレデート(ここぜひ映像化を!)、緒方さんの話、玄田と折口さんの話、堂上と小牧の出会い、柴崎のストーカー事件、堂上実家、プロポーズ喧嘩、図書館催涙弾事件、別冊から番外編まで挙げたらキリがない…!!今までの映画の構成上、入れられないもの抜いたって連ドラできるぞこれってくらいストーリーまだまだあるので是非続編を!!!続編見たいです!!!堂上教官のデレがあんなに少ないままだなんてやりきれません監督!!!

というわけで少しでも売り上げ貢献するために、Twitterで騒ぎ、ブログで騒ぎ、映画館にまた観にいくことにします。SNSでお伺いされたのですが、この記事引用して頂いても構いません!ぜひみなさんの感想もお聞きしたいです!感想語り合いましょう(何様だよ)!!ぜひみんなで騒ぎ立てましょう(言い方)!!ここまで見て頂いた方ありがとうございました。また図書館戦争の映画版、続編の続編についてブログで騒げることを願って。